毎日新聞社刊「超水の新世紀」

¥3,980以上の購入で送料無料
毎日新聞社刊「超水の新世紀」
¥1,320
税込

年間一万人以上の胃腸を診る内視鏡検査の権威である医学博士・掛谷和俊氏が、「ACMπウォーター」について、基礎編、臨床編、理論編、応用編の四章に分け、詳しく理論的に紹介したはじめてのπウォーター書です。

第一章の基礎編では、一見何の変哲もない水が薬のような副作用を起こさずに、様々な病状を克服していくのを体験して、改めて人間の体における水の重要性についての考え方が、革命的に変化したこと。
著者は、著者自身の専門分野である消化器系の検査として年間一万人以上の胃や大腸の内視鏡検査を行っており、これらの検査を通じて自己免疫性胃炎や腫瘍性大腸炎等の自己免疫が関係するといわれている病気の人は、アトピー性皮膚炎やアレルギー性疾患を併せ持っていることが多く、このような病気にたいして「ACMπウォーター」の飲用によって顕著な改善が現れている、と貴重な経験を述べています。

第二章の臨床編では、
「ACMπウォーター」には大きく分けて二種類あり、一つが飲用水としての「ACMπウォーター」であり、他の一つは高度に生成された特殊な液としての「ACMπウォーター」で、後者は情報を持った水と言えるような特徴を持ち、薬に匹敵するような様々な機能があること。
そして、この機能水としての「ACMπウォーター」を使って、著者は専門分野であるガンなどの消化器疾患の治療例についてデータをもとに詳しく、パイウォーター(πウォーター)の有用性について述べています。

第三章の理論編では、著者とACM社社長であり理学博士の木島氏が、対談形式により、「ACMπウォーター」の生い立ちから、人工的にπウォーターを合成する製法、「ACMπウォーター」の基本的な八つの働きについて語っています。特に、「ACMπウォーター」には、情報を記憶する能力があるといった、驚くような話も紹介されています。

最後の第四章、応用編には「ACMπウォーター」の産業分野における応用を、農業分野での「なす」の例、畜産分野での畜産公害対策、水産分野におけるハマチやアジの鮮度保持など豊富な実用例が紹介されており、本のサブタイトルになっている超水「ACM新πウォーター」の実態と将来性が熱く語られています。