浄水器付属の残留塩素測定試薬。

パイネットは数多くの研究・開発実績を持つ【ACMπウォーター】の専門店です!
πウォーターの専門店!
浄水器に付属している
残留塩素測定試薬についてのページです。
 
 
  →お問合せはこちら
浄水器専門店ホーム商品一覧浄水器「ライフクリーン」残留塩素測定試薬について
残留塩素測定試薬について

浄水器付属品の「残留塩素測定試薬」で、浄水器の塩素除去性能をチェックできます!

「残留塩素測定試薬」は水の中の塩素と反応して、ピンク色になる試薬です。

●塩素量が多いほど濃いピンク色になります。
●浄水器の水は塩素を除去していますから、ピンク色にはなりません。
購入(取り付け)直後と、使用開始から約2年後以降にチェックしてみてください。
▼取り付け直後にピンクになる場合・・・出水口と給水口を逆につないでいる、などが考えられます。
▼使用開始から約2年後以降にピンクになる場合・・・カートリッジの寿命です。

●水道水には必ず塩素が入っていますから、必ずピンク色になります。
水道法で「水道水には塩素は1リットル中、0.1ミリグラム以上の塩素を含んでいなければならない」と規定されています。
(上限は定められていません)

●DPD試薬は水中に5分間以上放置しておくと、残留塩素がない状態でもピンク色に変色する場合がありますので、ご注意ください。

@水道水です。
A残留塩素測定試薬をぱらぱらっと入れると、
1
2
Bあっというまにピンク色になります。
Cちなみに、お茶の葉を入れると、
3

4

D塩素がお茶の葉のビタミンCを酸化し、透明に戻ります。
 
5

このように塩素は強力な酸化力を持っています。

旅先で飲んだお茶がおいしかったので、買ってきて自宅でいれた。
ところが、「味が違う!だまされた〜!」

でも、単に水が違っていただけで、お茶は同じ・・・
ということもありますのでご注意を!!(●^o^●)

DPD試薬での残留塩素濃度測定の目安は、右図のとおりです。
参考にしてください。

DPD
残留塩素測定試薬についてのお知らせ
【対象商品】
浄水器ライフクリーンシリーズ
シャワー用浄水器πレゾナンス

厚生労働省が定める水道水検査方法が平成14年4月1日より改正され、従来使用していたオルトトリジン法が削除されました。
これを受け、平成14年2月1日出荷商品から、付属の残留塩素測定試薬を「オルトトリジン」から「DPD試薬」に変更しています。
なお、従来との相違点は以下の表の通りです。

  従来 変更後
検査試薬 オルトトリジン DPD試薬
試薬形状 液体 粉末
残留塩素の呈色 黄色透明 ピンク透明
使用方法 水に数滴添加 水に1包添加

●DPD試薬は水中に5分間以上放置しておくと、残留塩素がない状態でもピンク色に変色する場合がありますので、ご注意ください。

浄水器「ライフクリーン」 >
シャワー用浄水器「πレゾナンス」 >

ページトップ▲

【商品一覧】

【ベストセラー】パイウォーター浄水器・ライフクリーン

  【厳選された天然水】ヴァルナパイウォーター
どなたでも簡単に取り付け可能なベストセラー!
 
天然のミネラル成分が豊富な海水抽出液配合!


パイウォーター(浄水器)売れ筋ランキング パイウォーター浄水器と他社浄水器比較
ミネラルウォーターと浄水器の価格比較 メールマガジン:浄水器と水の【パイネット通信】


※購入の際の個人情報は、プライバシー保護ポリシーに基づき適切な管理をしておりますので、ご安心ください。
当サイトのデジタルデータの無断転用を厳禁いたします。
Copyright(C) 2002 Piworld International Inc. All rights reserved.