パイウォーターが紹介された新聞記事・日刊ゲンダイ

パイネットは数多くの研究・開発実績を持つ【ACMπウォーター】の専門店です!
πウォーターの専門店!
2008年9月3日に日刊ゲンダイ新聞に
掲載されたACMのπウォーターの紹介です。
 
 
  →お問合せはこちら
浄水器専門店ホーム新聞・雑誌より新聞記事・日刊ゲンダイ
パイウォーター浄水器「ライフクリーン」

平成20年9月3日の日刊ゲンダイ新聞掲載記事

平成18年6月11日サンケイスポーツ記事


日刊ゲンダイ記事1

【免疫力を高める”秘訣”】

悪い水は体外に出し、いい水と入れ替えを!!

真夏日が一カ月も続き、猛暑となった今夏を象徴するように夏バテになる人が増えている。
汗をかいた後の水分補給は不可欠だが、その対策は十分なされただろうか。

たかが水、と侮るなかれ。この水分補給をおろそかにしていると思わぬ事態を招く。

北京五輪のマラソンは”暑さとの戦い”といわれ、
選手たちは各ポイントにおかれた給水所で次々補給、
その水を飲み、頭や脚にかけて熱を冷ましながら走った。

マラソンで勝つにはこの給水がうまくいったか否かがカギとなる。
何しろ人の体のうち70%が水分で、1日に2〜3リットルが出入りする。
体重70kgの成人で、体内に50リットルの水分が存在。
体内の水は尿や汗、さらには呼吸により体外に排出さる。
とくに夏場は寝ていても汗をかき、多量の水分が体から排出されている。

水分が極度に不足すると脱水症状を起こし、血液が十分流れなくなり、
固まりやすくなる。脳梗塞や心筋梗塞はこうしたことで起きるリスクが高くなるという。

夏バテ対策も然り、適切な水分補給が大事だ。


「人が耐えられる温度差は5度ですが、クーラーが効いた部屋での急激な温度差に、
自律神経のバランスを崩す人が多い。夏バテを改善するためには
ミネラル、ビタミンB郡、Eなどの栄養補給のほか、適切な水分補給をする。
悪い水をどんどん出し、いい水を取り入れるのが免疫力を高める秘訣です」
というのは東京・新宿の丹羽クリニック院長の丹羽正幸氏。

「体内に入った水は1日に2リットル入れ替わるとして、全部かかるのにひと月ほど要します。
有害な水をいったん摂取すると、数日間はアレルゲンが体内に残るため、
このよどんだ有害な水をいかに体外に排出するかが課題です。
私は代謝をよくするため1日3リットルの水を紅茶などで摂るようにしています」(丹羽院長)



日刊ゲンダイ記事2

吸収が早い「いい水選びが」肝心

しかし水を3リットルも補給するのは難しく、大量に飲めば下痢することもある。

「体全体に、20分ほどで行き渡るのがいい水です。吸収のよい(π)ウォーターは推奨できますね。
分子の結合角度がよく生体水に近いため、安定した細胞代謝を促します。
また、臓器の粘膜の粘液とくっつき、細胞に吸収されやすい」(丹羽院長)

水分を摂る前に体が水分を欲しがるよう、運動で汗をかく習慣もつけておきたい。

「水」関連商品は数多く迷う所だが、
転ばぬ先のツエとして、いい水を十分摂って、残暑も乗り切ろう。



日刊ゲンダイ記事3

ACMパイウォーターについて


パイ(π)ウォーターは天然のミネラルウォーターに高機能のACMパイウォーターと
ミネラル豊富な海水抽出液を配合した「ヴァルナパイウォーター」が株式会社ACMから発売されている。

「ACMπウォーターは二価三価鉄塩のイオンを微量に含み、
抗酸化作用のある機能水で、水のクラスター(分子集団)が
非常に小さいため、飲みやすく、体に早く浸透し、腸での吸収もよい。
環境ホルモンなどの発がん・有害物質が完全除去されているので安心です」

と同社の木島慶昌社長(理学博士)は話している。


 

【商品一覧】

【ベストセラー】パイウォーター浄水器・ライフクリーン

  【厳選された天然水】ヴァルナパイウォーター
どなたでも簡単に取り付け可能なベストセラー!
 
天然のミネラル成分が豊富な海水抽出液配合!


パイウォーター(浄水器)売れ筋ランキング パイウォーター浄水器と他社浄水器比較
ミネラルウォーターと浄水器の価格比較 メールマガジン:浄水器と水の【パイネット通信】


※購入の際の個人情報は、プライバシー保護ポリシーに基づき適切な管理をしておりますので、ご安心ください。
当サイトのデジタルデータの無断転用を厳禁いたします。
Copyright(C) 2002 Piworld International Inc. All rights reserved.