新聞・雑誌より

パイネットは数多くの研究・開発実績を持つ【ACMπウォーター】の専門店です!
πウォーターの専門店!
ACMのπウォーターの紹介です。
新聞・雑誌からの抜粋です。
 
 
  →お問合せはこちら
浄水器専門店ホームπ(パイ)ウォーターとは新聞・雑誌より
新聞雑誌より


猛暑の夏の疲労を一掃する「お疲れ救急πウォーター」(日刊ゲンダイ平成22年7月22日)

■高機能πウォーターが素早く乳酸を解消■

−記事の詳しい紹介はコチラ−

 

『宮崎の蔵元、日本酒の復権へ「改質水」を活用』(毎日新聞平成20年12月5日)

■醸造の全工程にACMπウォーターシステムを導入■

−記事の詳しい紹介はコチラ−

 

『機能で選ぶ命の水』(サンケイスポーツ新聞平成19年8月31日)

■健康志向が後押し■

−記事の詳しい紹介はコチラ−


『研究機関と二人三脚 自社の浄水器「違い」を証明』(毎日新聞平成18年11月24日)

■ACM■「非アルカリイオン 効果」

−記事の詳しい紹介はコチラ−


『猛暑の夏を適切な水分補給で乗り切る』(日刊ゲンダイ新聞平成18年8月3日)

■高機能πウォーターなどいい水選びを■

−記事の詳しい紹介はコチラ−


『箱根駅伝V、「知将」も認め感謝状』(毎日新聞平成18年6月29日)

■ACM・πウォーター 亜大陸上部、躍進の秘密は水にあり■

−記事の詳しい紹介はコチラ−


『進化する水選び』(サンケイスポーツ新聞平成18年6月11日)

■高機能を付加したパイウォーターから高濃度酸素水まで■

−記事の詳しい紹介はコチラ−


『しわの原因 直接に作用「再生」スキンケア』(毎日新聞平成16年7月30日)


ARπエッセンス  「しわ」や「たるみ」の原因物質に働きかけて皮膚成分の再生を促し、
いつまでも若く健康な肌を保とうという新タイプの化粧品をπウォーター・システムのエイ・シー・エム
(ACM,本社・東京墨田区、木島慶昌社長)が開発、この夏から販売を始めた。
水の分子集団(クラスター)が極微小なために高い浸透度やミネラルを持つπウォーターの特性を
生かしたもので、働く女性や主婦らからの反響も大きく、順調に売れ行きを伸ばしているという。

ACM発売「ARπエッセンス」

 製品名は「ARπエッセンス」。若々しさの維持とよみがえりの意味が込められている。
化粧クリームが30グラム入りで2万1千円とライバルとなる内外の化粧品に比べて抑えている。目じりや口元の「しわ」、
目の下の「たるみ」など皮膚の変化は、加齢と環境(乾燥、紫外線、疲れなど)と表情筋の衰えとによって生まれる。

 とくに「しわ」は体内で分解と合成を繰り返すコラーゲンのバランスが加齢とともに崩れ、
皮膚内のコラーゲン量やその他のマトリックス分子が欠乏するためと考えられている。

 同社はこれを、▽皮膚組織内の繊維芽細胞にいち早く浸透して活性分子のマイクロコラーゲンを刺激すれば、
皮膚間物質(コラーゲンやグルコサミノグルカンなど)の新たな合成を促せる▽マイクロコラーゲンは
皮膚組織のすき間を埋めるタンパクや多糖類の合成も促す---などの視点でとらえた。

 この分析結果をもとに、πウォーターを軸に高分子量の加水分解コムギタンパクや各種ペプチドなどを配合した「ARπエッセンス」の開発にこぎつけた。
 発売から日は浅いが「使用後1〜2週間で肌のきめの整いようがはっきりと実感できた」「深いしわが浅くなってきた」などといった反響が寄せられている。
 開発を担当した赤田恵子企画部長は「浸透性、保湿性など“いい水”が持つ力がものをいったと思う。継続して使ってもらうことで効果は持続するはずです」と話している。


「πのすべて」 (富民協会・毎日新聞社発行) より
山下昭治先生との出会い
株式会社ACM代表取締役 木島慶昌

私が山下昭治先生に初めてお目にかかったのは、ACMを設立(1984年7月)する10年ぐらい前のことです。
友人から「興味深い研究をしている先生がいる」と紹介されたのが山下先生でした。

その当時、先生は名古屋大学農学部の講師でした。物がガチャガチャあって足の踏み場もない、みすぼらしい研究室で、
毎日夜遅くまで実験や研究をされていました。先生はとても気さくな方で、π理論にまつわるさまざまな実験を、
知り合って間もない私に次々見せてくださいました。中でも驚かされたのが、海水のなかで稲を発芽させたり、鉄が錆びない実験でした。

ちょうど私が東京で独立し、プラスチック系統の新製品開発のため、理化学的なことに非常に興味をもっていたころのことですから、
それは衝撃的でした。塩酸の入ったポリ容器の中に鉄なんかいれておいたら、普通は真っ赤に錆びるはずなのに、それが錆びない。
絶対不可能だと思っていたことが、現実に目の前で起きるわけですから。
「これはいける。将来必ず、世間をあっと言わせて見せる。」と思ったら、正直言って、3日3晩眠れませんでした。これがπにのめり込むきっかけだったんでしょう。

それからは、「押しかけ弟子」のように、東京から山下先生の元に月2,3回のペースで、約10年通い続けました。
最初のうちは新幹線で、途中から自動車に代わりましたが、だいたいお昼ごろ名古屋大学に着いて、
実験を見たり手伝ったりして勉強させてもらう。終わるのはいつも夜中で、
それから午前2時まで営業しているステーキ屋さんへ行って、食事をしながら「看板」までというのが、お決まりのコースでしたね。

ACMを設立してからは、山下先生に月2回ぐらいきてもらい、会社で講義をしていただきました。
この講義は5年間くらい続いたでしょうか。この間、岡山市のエイブル・スイミングスクールのプールや、
畜産関係の農家などにも、山下先生を案内して一緒に行って見てもらったこともあります。

そのころはウチ以外にもうひとつπの会社がありました。山下先生の2人目の”弟子”のAさんが始めた会社です。
Aさんが農業を担当し、ウチが農業以外の仕事と棲み分けをして、2社で「πを世の中に広めよう」・・・・という大きな夢を描いていたんです。
しかし、財産を処分して2億円の工場を新設して臨んだAさんは、農業面で素晴らしい結果が出ているのに受注が伴わず、
商売替えを余儀なくされ、それは気の毒でしたよ。2人で一緒に手を組んで、山下先生を応援していこう、ということだったのに・・・・。

山下先生は、πの研究論文で66年3月に日本土壌肥料学会賞を受賞されました。
今日ACMがあるのは、山下先生のお陰だと深く感謝しています。

 


ページトップ▲
TOP ・ACMπウォーターについて ・πウォーターの種類 ・πウォーターの歴史 ・新聞・雑誌より ・πウォーターについての学会発表


【商品一覧】

【ベストセラー】パイウォーター浄水器・ライフクリーン

  【厳選された天然水】ヴァルナパイウォーター
どなたでも簡単に取り付け可能なベストセラー!
 
天然のミネラル成分が豊富な海水抽出液配合!


パイウォーター(浄水器)売れ筋ランキング パイウォーター浄水器と他社浄水器比較
ミネラルウォーターと浄水器の価格比較 メールマガジン:浄水器と水の【パイネット通信】


※購入の際の個人情報は、プライバシー保護ポリシーに基づき適切な管理をしておりますので、ご安心ください。
当サイトのデジタルデータの無断転用を厳禁いたします。
Copyright(C) 2002 Piworld International Inc. All rights reserved.